大手の消費者金融の元社員である私が語る、消費者金融の審査について。どんな会社が厳しくて、どんな会社が甘いのかを具体名を挙げて徹底解説。

menu

消費者金融の元社員が語る、審査が「甘い」「通りやすい」会社。

消費者金融の元社員が語る、審査が「甘い」「通りやすい」会社。


消費者金融、審査が甘い・通りやすい所 私が働いていたのは消費者金融の中でも大手の中に入ります。名前を聞けば、きっと多くの方が知っているほど、知名度の高い会社です。その時の経験を元に、今回は消費者金融の審査についてお話ししたいと思います。

利用者のニーズに応えるためには―

最近では「即日キャッシング」が当たり前になってきました。今日中に借りれるということをうたい文句にしているわけですが、今日中どころか申し込みから審査までなら最短で30分程度で終わってしまいますし、振り込みまでの時間を合わせても1~2時間ほどです。即日どころの話ではないのです。

それほどのスピードが求められるようになった消費者金融の審査において、審査を担当する私たちがやることはそのほとんどがシステム化されています。そうじゃないと、多くの案件をスピーディーにさばくことが出来ませんからね。

審査が甘い会社について

審査が甘い―、という表現が適切かどうかは分かりません。そもそも、最近では金融庁からの締め付けもきつく、依然ほど簡単には借りることが出来なくなっているという事実があります。総量規制(年収の3分の1を超える借り入れは出来ない)もあります。

ただ、審査がかなりシステム化はされていても、各消費者金融が審査のどこに重きを置くかの「違い」は確実に存在します。あっちの会社の審査には落ちたけど、こっちの審査は通った、ということが起きるのはそのためなんです。

スピーディーに決裁するために、各消費者金融はあなたの個人情報や信用情報に対してスコアリング(点数化)しています。人の判断がほとんど入らず、システマチックに裁決するため即日融資も可能なのです。

個人情報や信用情報をスコアリング(点数化)して判断

利用者の個人情報の各項目に対して、それぞれ点数が割り振られスコアリングされます。例えば、公務員や大企業に勤めているサラリーマンの方が、アルバイトで生計を立てている人よりも高い点数が割り振られます。

その他、年齢もそうですね。働き盛りの30~40代は点数が高く、それよりも年齢が上に上がるほど低くなります。規約にも記載されていますが、一定の年齢を超えるとそれだけでお金を貸し出すことはなくなります。

その会社に何年働いているのか、持ち家なのか賃貸なのか、そこに何年住んでいるのか、など、それぞれに点数が割り振られているわけです。

それと合わせて重要なのが信用情報機関に登録されている個人信用情報です。他に利用している金融業者はないか、延滞情報や債務整理などの事故情報がないかチェックします。この信用情報についてもすぐに判断出来るように、消費者金融はそれぞれの基準を設けているわけです。

それと、総量規制の問題もあります。

これらのことから審査される内容を大きく2つに分けると以下になります。

・個人情報
・信用情報機関+総量規制

特に、総量規制が施行された2010年からはこの規制にかかって借りることが出来ないという方の割合が増えました。

ホームページ内に「簡易診断」を用意している消費者金融もあります。わずか3~4項目ですぐに診断結果が分かるのですが(もちろん簡易的なもので申し込みにはなりませので試してみて下さい)、どの診断であっても現在の借入金額と年収の入力は必要です。

逆に言うと、総量規制にかからないのであれば審査に通る可能性は高いとも言えます。

大手消費者金融の借り入れ診断

前述した通り、大手消費者金融のホームページには、審査の通過が可能かどうかを事前に判断出来る「簡易診断」が用意されています。診断結果が出るまでわずか数秒という早さ。とりわけ初めて消費者金融を利用するという方は、この簡易診断から始めるケースが圧倒的に多いです。

また、後ほど理由は説明しますが、大手で借りることが出来るなら、その他の消費者金融で借りるメリットはゼロに等しいとも言えます。

私が紹介することの多い、こちらの大手消費者金融を含めて、まずは簡易診断を利用してみて下さい。

また、すぐに借入が必要な方や、収入証明書の用意など面倒なことは出来るだけしたくない―、という方が利用しやすい仕組みが大手には揃っているのもメリットの一つです。

どこの消費者金融を利用すべきかは、条件によって異なる。

とは言っても、どこの消費者金融会社を利用すべきかは、何を重視するかによってかなり違ってきます。つまり利用者の条件によって変わってくるのです。
借入金額や審査の時間、借入方法や返済方法など、考慮しなければいけないことも結構あるものです。

各社の借入診断を試す前に、あなたに相応しい消費者金融がどこなのかを絞ることがファーストステップかもしれません。

意外と時間のかかる作業になりがちなので、そのための絞り込みツールも設置してみました。特に急いでいる方は利用してみることをおすすめしています。

消費者金融 絞り込み検索ツール

  >>消費者金融 絞り込み検索ツール  

実際に借りられるかの判断と、どこに申し込むべきかの流れ

総量規制の枠を超えてしまうようなら、どこの消費者金融でも借りることは出来ません。(ただし、おまとめローンの場合で金利的に利用者が得をするようであれば総量規制の例外規定となります。)
総量規制の枠は問題ないのだけれど、その他が不安…、という方は、次の説明に該当する消費者金融を検討してみて下さい。

まずは、大手消費者金融から。

さきほど、「大手で借りることが出来るなら、その他の消費者金融で借りるメリットはゼロに等しい」と説明しました。

それはなぜか―。

申込み方法の豊富さにしても、審査のスピードにしても、返済方法の利便性にしても、多岐に渡るサービスや金利においても、中小が大手に勝てることはほとんどありません。

しかも、大手の審査に落ちれば、中小の消費者金融でも審査に落ちる可能性が高くなってしまいました。

その理由は、貸金業法の改正による、総量規制及び上限金利の引下げです。
審査に落ちる人の多くが、この総量規制の対象となっています。
そのような方は、中小の消費者金融の審査にも通りません。

この点に関して、私の経験からくる雑感を最後に少し書きましたが、いずれにしろ、大手消費者金融の審査にこだわるべき理由がここにあるわけです。

初めての人はもちろん、そうでない人も、まずは大手の扉をノックしてみて下さい。

金利の高い消費者金融を選ぶ

スコアリングを他社よりも甘めにして(つまり審査を甘くして)、高い見返りを得る、という会社も当然あります。そういう所は金利が高めです。ただし、これにも限界があります。

上限が法律で決められているんですね。

融資額 金利
借入が10万円未満 20%
借入が10万円以上100万円未満 18%
借入が100万円以上 15%

なので、リスクを負って、高い見返りを期待する―、という方法はどこの消費者金融も取りづらくなっています。

大手の金利を比較してみましょう。
さきほども説明しましたが、
ここで見るべきは上限金利です。下限金利は意味がほとんどありません。なので上限金利のみをピックアップします。

プロミス 17.8%
アイフル 18.0%
モビット 18.0%
アコム 18.0%

個人の借入の場合、その多くが10万円~100万円の間に収まります。
なので、大手で借りようがそうでない所で借りようが
上限金利(18%)か、それに近い金利となります。

そうなってくると、利用者はどうせ借りるなら大手の消費者金融で―、という流れになってきます。
そこで苦しくなってくるのは中小の金融機関なんですね。借りてもらうには、大手とは違う戦略をとる必要があるのです。

金利以上に注目すべきポイントは、大手以外、つまり知名度の低い消費者金融を選ぶこと。

念のため触れておきますが、知名度が低い=闇金ではありません。法律にのっとって運営している会社です。

さて、大手の消費者金融は金融庁からのマークもキツイですし、知名度が高い分、広告費や人件費などにも多額のお金を費やしています。審査を甘くして、高いリスクをとるわけにはいきません。

その一方で、知名度の低い消費者金融はやや事情が違います。広告費などにお金をあまり使わない分、大手とは違う戦略をとります。弱者の戦略と言えば失礼かもしれませんが、大手と同じ手法はとりませんしとれません。
即日融資など、大手もやっていて利用者のニーズがあるサービスには対応しながら、大手がやっていない所で勝負するしかないのです。大手では審査に落ちるような人でも審査を通して契約数を増やす所もあります。

これから紹介する消費者金融が、一概にもそうだと言っているわけではないのですが… ただ…

検討すべき3つの消費者金融

其の一:シンプルなのには訳がある!?3つのシンプルがある消費者金融。

キャレント

  >>キャレント  

大手の消費者金融は、さまざまな面でお金を掛けています。テレビCMを始めとする広告だったり、多くの無人契約機を各地に設置したり、見栄えやシステムが整ったホームページを用意したり…。

その目的は、ユーザーの利便性を図るとともに、多くの顧客を獲得したいからに他なりません。
そのような大手とは違った戦略をとるのが、中小の消費金融です。

その一つがこのキャレント。

大手がお金を掛ける所を徹底的にそぎ落とし、あらゆることをシンプルにすることで大手と差別化を図っています。

一つ目のシンプルさは、インターネット専用だということ。
大手は、電話やウェブを始め、複数の申し込み方法を用意しているものですが、キャレントの申し込みはウェブのみ。申し込み方法を一本化することで、経費を出来るだけ抑えるようにしています。

二つ目申し込みフォームがシンプルだということ。
大手や他社の申し込みフォームを開いた途端、記入する個所の多さに圧倒された方もいるのではないでしょうか?それと比較すると、入力内容は少なめです。
ユーザーにもありがたいことですが、消費者金融側も対応がシンプルなため、余計な労力と時間を使うことがありません。

三つ目が、ホームページのシンプルさ。
無粋とまで感じるられるそのホームページからは、「ホントに売り込む気があるの?」と思わずにはいられません(笑)。ホームページを始めとする広告費を出来るだけ抑えているためでしょう。 それらのシンプルさが、

大手消費者金融、カードローンの審査が通らなかった方でも柔軟な審査で対応致します。
(*ノ´O`)ノ

というアピールにつながっていると考えられます。

●その他の情報

・完全非対面でネット完結
・カード発行不要で全国対応。指定の口座に振込。
・利用限度額:500万円まで
・実質年率:7.8%~18.0%
・担保、保証人不要
  >>インターネット専用のキャレント  

 

其の二:「本当に公式サイトですか?」といいたくなる消費者金融

株式会社アルコシステム

  >>株式会社アルコシステム  

サイトの冒頭に、わざわざ大きく“公式”と掲載するあたり、ホームページを見て「この会社って大丈夫なの?」と疑問に思う方が実際に多くいることを表しています。

でも安心して下さい。公式ですよ(笑)。

念のため、公式サイトに飛んだら、URLに「alcosystem.co.jp」が含まれていることを確認できたら間違いありませんし、当サイトのリンクから飛んで頂ければ問題ないです。

大手と比べると作り自体も陳腐ですし、当然芸能人などは採用していませんが、逆に言えば、ホームページなどを含めて広告費をかけてないということの表れでしょう。大手とは違う戦略をとっているのは明らかです。
それでも創業は実に1983年、振込キャッシングの老舗という存在でもあります。
自ら

自己破産や債務整理された方もご相談下さい。
(*ノ´O`)ノ

とアピールするアルコシステム。
大手で断られた方も、実際に相談してみると良いでしょう。

●その他の情報

WEB上からお申し込み。最短でその日のうちに指定口座に送金。
貸付利率(実質年率)、年15.0%~20.0%
保証人・担保不要。融資範囲 50万円まで(要審査)
申し込みはWEBから24時間可。
  >>株式会社アルコシステム(公式)←本当ですよ。  

 

其の三:大手に断られた方もご相談下さい。女性の方専用サービスもあります。

初耳の方も多い消費者金融かもしれませんね。
ただし創業自体はとても古く、実に設立50周年を迎えています。それを記念して(?)、【30日間無利息キャンペーン】実施中です。
また、この会社も柔軟に審査しており、

消費者金融にて他社でのお借入れが 4社以内 の方が対象
(*ノ´O`)ノ

と明記しています。
また、

過去に自己破産・債務整理等された方もまずはお申込みください。
大手消費者金融やカードローンの審査が通らなかった方もお申込みください。
(*ノ´O`)ノ

とアピールしています。大手とは審査の基準が違うことが分かると思います。
また、レディースキャッシングの方はこれに加えて、

主婦・パート・アルバイトの方にもご融資可能です。
(*ノ´O`)ノ

としています。女性の方はレディースキャッシングの方を利用してみて下さい。

●その他の情報

来店不要・即日振込みキャッシング。
インターネット申込みで24時間全国受付
申込みは申込みフォームに入力するだけ。
女性スタッフが対応。
フタバ   >>フタバ(公式)  
レディースフタバ  >>レディースフタバ(公式)  

最後に…。

多くの利用者が知名度の高い大手消費者金融を利用する―、これは当然のことかもしれません。安心感もさることながら、多種多様なサービスを展開することで、ユーザーが利用しやすくなっているためです。さらに法改正で、大手への一極集中ぶりに拍車をかけています。

利便性という面でも、ほぼ変わりのない金利という面でも、大手で借りた方がメリットが大きいので当然のことです。

では、中小の存在価値はどこにあるのか?

これはもちろん、大手の審査で落ちた人の、次への希望とも言える、それが中小の役割だと思うのです。

ただ、上述した通り、大手以外の消費者金融が入り込む余地が極めて小さくなっている事実があるのです。実際、大手の審査で落ちた方が、中小の消費者金融の審査を通過する確率は、かなり低いのが現状です。

法改正以前、多重債務者の増加が深刻な社会問題となっていました。これらを解消するための貸金業法の改正だったわけですが、その結果、ユーザーはますます大手に集中し、その一方で多くの消費者金融が廃業、あるいはアウトローの存在となり、大手から弾かれた人たちの中には闇金に手を出すというケースも少なくありません。

そんな人たちを「そういう業者に手を出したあなたの責任でしょ!」と言うのは、正直、違和感を覚えずにはおられません。

しかし最後に言っておきますが、安易に法律の外に飛び出すべきではありません。

これまで書いてきた通り、まずは大手から始めて、それでもダメなら次のステップに進んでみて下さい。

ただし、どこで借りてもお金は計画的に使いましょう!それが出来なければ、深みにハマっていくばかりです。それではまた!


↓この記事は今何位?今すぐ確認!↓


債務・借金 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村