キャッシング知恵袋

カードローンの限度額について仕組みを知っておくことが大切です

カードローンの広告には、限度額最高いくらまでといった表記がよく行われています。

しかし、実際に最高額まで借入出来る人はほとんどいないことに多くの人は気付いているでしょう。

 

カードローンの申込み先を選ぶ際に注意すべき限度額の仕組みについて基礎知識があれば、審査通過時に設定された利用限度額に納得出来る筈です。

2種類の限度額の違いを理解しておきましょう

カードローンで使われる限度額には、2種類の意味が使い分けられており、与信限度額と利用限度額の違いを理解する所から始めると良いでしょう。

 

与信限度額は、金融業者が設定可能な金融商品ごとの最大設定可能利用限度額です。

与信限度額は、誰でもが設定される金額ではなく、想定した理想の条件を全て満たした場合に設定可能な金額の上限と考えられます。

最大設定可能額について表記する時に使われる金額というわけです。

 

一方、利用限度額については、申込者を個別に審査した結果設定される融資可能額となっています。

カードローンは、利用限度額の範囲内で借入と返済を何度でも繰り返すことが可能な契約です。

 

現実的に借入が出来る上限金額として、金融業者が個別に設定する限度額が、利用限度額と考えれば良いでしょう。

初回利用限度額は50万円程度となることが多い

銀行と消費者金融とに関わらず、今まで金融取引を行なったことが無いカードローン申し込みに対しては、初回利用限度額設定として50万円という金額がよく用いられます。

銀行カードローンの中には、最初から100万円や200万円という利用限度額設定がされることがありますが、大抵は元々該当する銀行に総合預金口座を持っていて信用実績を積んでいる場合に限られるでしょう。

 

初回申込時には、金融業者も貸付金額について無担保ローンでは特に慎重となる傾向にあります。

申込時に申告のある収入や勤続先情報から、ある程度の年収情報は把握出来るものの、毎月のお金の流れを個人信用情報機関に登録されている信用情報のみでは把握出来る範囲に限界があるでしょう。

 

加盟している個人信用情報機関は、金融業者により異なるので、長期延滞事故を起こしていない限りは他の個人信用情報機関との相互連携対象外です。

信用情報に問題は無くても、初回利用限度額設定については様子見で50万円を設定することが多くなるわけです。

後から利用限度額の増額を狙うなら計画的な準備をしよう

利用限度額設定は、初回申込時ほど本来持つ与信力よりも低い設定金額となりがちです。

カードローンは、金融業者と契約者の間で交わされる金融取引実績により、信用実績が積み重ねられるので、少なくとも1年程度は返済が順調に行われていることを把握しなければ金融業者としても返済が滞らないか安心出来ないでしょう。

 

個人信用情報機関へ登録される異動情報は、長期滞納が続いて3ヶ月以上となった時に初めて延滞事故として登録される仕組みです。

同じ個人信用情報機関に加盟している範囲内の借入と返済状況については、他の金融業者も把握出来ますが、少なくとも国内には銀行系・信販系・消費者金融系の個人信用情報機関が存在しており、相互連携を行っているのは長期延滞事故や債務整理を行なったという金融事故に該当する異動情報に掲載されている範囲に限られます。

 

初回利用限度額設定がされて以降、1年程度滞納無く着実な返済を続けることが、利用限度額の増額申請に通過しやすくなる信用実績を積むことになるわけです。

増額申請を行なう前に、他社を含めた借入総額を減らしておくことも重要となります。

信用実績が積み重ねられるほど、利用限度額の増額申請を行なった時に審査に通過しやすくなるでしょう。

利用限度額の増額と金利の関係は金融業者によって異なる

カードローンを利用する上で、金利設定が15%を超えているならば、利用限度額が100万円を超える金額となるように信用実績を積むことが大切です。

消費者金融の多くが、利息制限法に定められている法定金利ギリギリの金利設定で貸付を行っているので、100万円以下の利用限度額では18%近い金利設定が行われています。

 

しかし、利息制限法では100万円を超える貸付額に対して法定金利を15%と厳しくしているので、複数の金融業者から初回利用限度額設定の50万円を借りるよりも、1社から100万円を超える利用限度額設定を行なってもらった方が金利を低く出来ます。

消費者金融には総量規制があるので、年収の1/3という範囲内に収まりつつ1社からの利用限度額設定が100万円を超える借り方がお得と言えるでしょう。

 

一方、銀行カードローンについては、銀行法に基づく貸付ですから総量規制対象外です。

銀行カードローンの中には、個人の与信力に応じた金利設定を行っている銀行があるので、利用限度額ごとではなく、個別の金利設定を行っている銀行カードローンを選べば、信用実績を積むごとに段階的に金利設定を下げてもらえる可能性があります。

 

銀行カードローンでは、同じ利用限度額設定であっても、個別に与信力に応じた金利設定が行われている銀行があると知っておくと良いでしょう。

関連記事

  1. キャッシング知恵袋

    無職だとカードローンはダメ?無職でも利用できる人とは?

    お金がどうしても必要となるときがあるものです。無職だからこそ収…

  2. キャッシング知恵袋

    土日のキャッシング利用時、在籍確認はどうするか?

    土日のキャッシングの注意点こんにちは!キャッシングにちょっと詳しい…

  3. キャッシング知恵袋

    レディースローンの特徴を知って利用しよう

    貸金業者の広告には、レディースローンを案内するものがあります。…

  4. キャッシング知恵袋

    カードローンの専用ローンカードは即日発行出来る条件が決まっている

    カードローンの申込みを行なった後で、即日融資が受けられないことが判明し…

  5. キャッシング知恵袋

    フリーターが即日キャッシングを受けるためには下調べが重要です

    フリーターであっても、毎月安定した収入があれば、カードローンの申し込み…

  6. キャッシング知恵袋

    家族バレが心配?キャッシングを郵送物なしで利用する方法

    キャッシングのこと家族に話してる?こんにちは!急な出費が続いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシング会社比較

    カードローンとフリーローンの違いを知って使い分ける
  2. お金の色々

    カードローンを専業主婦が借入する方法は銀行カードローンが主流です
  3. キャッシング知恵袋

    家族バレが心配?キャッシングを郵送物なしで利用する方法
  4. キャッシング知恵袋

    便利なWEB(ネット)完結キャッシングは、どんな人に向いてる?
  5. お金の色々

    銀行カードローンの問題点を知っておけば多重債務者にならずに済みます
PAGE TOP